平成28年度 立川 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 731 199 357 619 756 696 1243 1728 1241 204
当院の患者さんを年齢別でみると、大きな特徴として9歳以下の患者さんが多いということです。小児患者、特に新生児における近隣病院シェアで最も多くのシェアとなっています。また、女性疾患や周産期の治療でも地域シェアトップとなっているため、出産時における母体の管理から新生児の処置まで関係診療科が連携し、一貫した治療を行っています。
 全体では60歳代以降の患者さんが56.8%で半数以上を占めており、高齢化社会の中で地域の中核病院としての役割を担っています。患者さんにとって最善の治療を各診療科が連携しながら、手術や化学療法・救急など様々な高度医療を患者さんに提供しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 処置2:リツキサン(4) 副傷病なし 82 18.65 16.83 0 68.82
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 処置1:心臓カテーテル法による諸検査 処置2なし 副傷病なし 67 3.42 3.06 4.48 67.28
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 58 19.97 17.95 6.90 79.90
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1:気管支鏡検査、気管支カメラ等 処置2なし 47 4.15 3.68 0 71.91
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 副傷病なし 44 14.75 12.35 0 75.07
 内科で最も症例数が多いのは、非ホジキンリンパ腫に対し化学療法を行った症例です。北多摩西部の医療圏で最も多いシェアを占めております。平均在院日数は重症患者も多いことから18.65日と全国平均よりやや長い在院日数となっておりますが、計画的な化学療法で入院される患者さんも多く、約半数は全国の平均在院日数よりも短い期間で退院されます。
 2番目に症例数が多いのは狭心症に対するカテーテル検査入院です。循環器の内科専門医4名が対応しております。入院から退院までの流れが標準化されていることから、安心して入院できる環境にあります。
 3番目に症例数が多いのは心不全です。狭心症のカテーテル検査のような予定入院だけではなく、緊急の循環器疾患にも幅広く対応しております。
 4番目に症例数が多いのは肺がんの検査入院です。気管支鏡を用いた検査を行っております。狭心症のカテーテル入院同様、入院から退院までの流れが標準化されていることから、安心して入院できる環境にあります。
 5番目に症例数が多いのは肺がんの化学療法です。当院はがん治療に力を入れており、手術だけでなく化学療法や緩和治療など幅広く対応しております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100380xxxxxxxx 体液量減少症 100 4.12 9.33 1.00 4.36
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症 副傷病なし 93 4.84 6.02 0 1.28
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 78 1.95 5.50 0 4.97
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害 2500g以上 手術なし 処置2なし 副傷病なし 52 6.81 6.18 1.92 0
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害 1500g以上2500g未満 手術なし 処置2なし 45 8.40 11.55 0 0
小児科では、脱水や気管支炎・肺炎、腸炎など様々な疾患に対し、幅広く診療を行っています。
最も多い体液量減少症は「脱水症」のことで、症例数は100件、平均在院日数は4.1日となっています。小児は嘔吐や下痢・摂食不良などで脱水状態になりやすいため、脱水に対する治療も多く行っています。
 2番目に多い症例は急性気管支炎や細菌性の気管支炎で、症例数は93件です。主に抗生剤を用いた治療で、細菌や炎症を抑える事を目的としています。
また、4位・5位の低出生体重児に対する治療として、呼吸・循環・栄養・感染のコントロールを行います。出生時の体重によってDPCコードが異なりますが、処置内容は同じとなります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 52 6.06 7.61 0 59.19
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 その他の手術 処置2なし 52 21.92 12.73 1.92 68.10
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術 42 2.02 3.34 0 68.64
060035xx01000x 結腸の悪性腫瘍 結腸切除術 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 28 14.36 15.92 0 72.50
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 処置2なし 23 12.39 10.30 0 65.91
 外科で最も多い症例の一つは胆嚢炎や胆嚢結石に対する治療です。適応があれば腹腔鏡下で摘出術を行っています。当院では現在、腹腔鏡手術を積極的に行っており、同じように胆嚢疾患で腹腔鏡下胆嚢摘出術を行った症例は、平成27年度は22件だったところ、平成28年度は約2倍強の52件となりました。また、平均在院日数も平成27年度は7日を超えていましたが、平成28年度は6日と短くなっています。転院率は0%であり、特に重篤な合併症もなく、一週間以内に退院となっています。
 同じく最も多い症例は、肺がんの手術治療で、件数は52件となります。ご高齢の患者さんに対して手術リスク軽減のために呼吸器リハビリテーションを念入りに行っていることなどから、平均在院日数が長めとなっていますが、通常の患者さんの在院日数は12~14日程度となっています。
 3番目に多い症例は、下肢静脈瘤に対する治療です。当院ではレーザーによる血管内焼灼術や、硬化療法を用いた低侵襲な治療を行っています。手術は1泊2日でおこなうため、平均在院日数が短くなっています。4番目に多い症例は、大腸がんに対して切除手術を行う症例です。現在多くの症例で腹腔鏡による手術を行っており、平均在院日数も平成27年度の20.4日から14.4日と短縮しました。5番目に多い症例は乳癌に対する切除術を行った症例です。単純切除術だけでなく、温存手術や再建術なども行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 80 36.84 27.63 47.5 81.29
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 処置1なし 副傷病なし 76 3.2 5.94 1.32 50.49
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症 人工関節再置換術等 40 20.08 24.42 5.00 65.38
160850xx97xx0x 足関節・足部の骨折、脱臼 その他の手術 副傷病なし 34 8.21 9.86 2.94 42.56
070085xx97xxxx 滑膜炎、腱鞘炎、軟骨などの炎症(上肢以外) その他の手術 33 10.39 14.38 0 47.48
整形外科の症例で最も多いのは大腿骨近位端(股関節)の骨折手術です。症例数は80件で当院整形外科では最も多い症例となっています。平均在院日数は36.8日となっていますが、重症度や経過等で入院日数は異なります。医師による手術のほか、理学療法士によるリハビリ治療を行い、患者さんをサポートしています。  2番目に多い症例は、上腕や大腿、背部など皮膚皮下の軟部腫瘍の手術であり、症例数は76件です。全患者の平均在院日数は3.2日となっています。
 3番目に多い症例は、股関節の人工関節置換術で、症例数は40件です。変形や壊死してしまった股関節部分を人工関節に入れ替え、関節機能の再建を図る術式です。リハビリ等も行うため平均在院日数は20日となっています。  現在、整形外科には8名の医師がおり、軟部腫瘍や上腕、脊椎・脊髄疾患、股・膝関節や足部の疾患、ケガ・外傷など、幅広い専門分野で多くの患者さんの治療を行っています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 処置1なし 副傷病なし 10 6.70 5.94 0 55.1
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 その他の手術 処置2なし - - 3.44 - -
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 その他の手術 処置2なし - - 15.58 - -
160200xx0200xx 顔面損傷 鼻骨骨折整復固定術等 処置1なし 処置2なし - - 5.8 - -
080220xx97xxxx エクリン汗腺の障害、アポクリン汗腺の障害 その他の手術 - - 6.77 - -
 形成外科で最も多い症例は皮膚の軟部腫瘍に対し手術を行った症例です。また、眼瞼下垂の手術や腋臭症の手術なども行っております。
この他にも、乳房の再建手術や顔面外傷など幅広い疾患に対応しており、整容的・機能的回復をサポートしております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術 処置2なし 副傷病なし 11 19.45 9.87 9.09 83.73
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫 JCS10未満 手術なし 処置2なし 副傷病なし - - 19.35 - -
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置2なし 副傷病なし - - 7.52 - -
010200xx01x00x 水頭症 水頭症手術 脳室穿破術(神経内視鏡手術によるもの)等 処置2なし 副傷病なし - - 20.91 - -
010200xx99x00x 水頭症 手術なし 処置2なし 副傷病なし - - 7.70 - -
 脳神経外科の入院で最も多いのは、転倒するなどして頭をぶつけてしまった頭部外傷の入院です。最も多いのは硬膜下血腫に対し、頭蓋内の血腫を除去する手術を行った症例です。
 2番目、3番目に症例数が多いのは、同じ頭蓋内の損傷ですが、手術を行わず、お薬やリハビリなどで保存的に治療を行ったものになります。継続的なリハビリのために転院することもあります。
 4番目、5番目に多いのが水頭症の入院です。手術や検査を目的とした入院となります。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 副傷病なし 89 4.62 5.12 0 63.47
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 74 9.92 10.05 1.35 45.86
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 処置2なし 60 26.88 20.79 16.67 32.98
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 58 10.02 9.88 0 34.71
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 手術なし 54 5.81 6.05 0 34.00
 産婦人科では、主に子宮や子宮付属器の腫瘍に対する治療や、お産を行っています。産婦人科を総合して最も多い症例は、子宮頸・体部の悪性腫瘍に対する化学療法です。子宮や子宮付属器の良性・悪性腫瘍に対する治療は北多摩西部二次医療圏内で最も多く行っており、45%以上のシェアを占めております。
 2番目に多い症例は、子宮筋腫の手術目的での入院です。良性腫瘍では腹腔鏡手術も多く行っており、子宮良性腫瘍では約40%、付属器の良性腫瘍では60%以上を腹腔鏡で行っています。
 3番目に多い症例は、早産・切迫早産です。
 4番目に多い症例は、骨盤位などの「胎児及び胎児付属物の異常」です。これらのケースと、早産・切迫早産の症例では、母体管理のための入院加療や帝王切開術などを行っています。また、当院にはNICUも併設されており、小児科医と連携を取りながら診療を行っています。
 5番目に多い症例は流産と妊娠中の糖尿病です。流産では稽留流産に対する手術を行っています。また、当院では妊娠糖尿病と診断した場合は、血糖自己測定と栄養指導入院を行い、内科と協力し積極的に診療しています。
 保険診療にあたるDPCが対象のため上記リストにはありませんが、自費診療となる自然分娩も多く受け入れております。平均年齢は1位~5位のDPC名称で、表のように30代~60代と幅広い年齢の患者さんを受け入れており、地域の産婦人科における中核病院としての役割を担っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 その他の手術 片眼 20 6.75 10.53 0 60.2
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 その他の手術 処置1:水晶体再建術 処置2なし 13 7.69 7.72 0 72.23
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 その他の手術 処置2なし 片眼 - - 8.27 - -
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 その他の手術 片眼 - - 2.91 - -
020220xx97xxx0 緑内障 その他の手術 片眼 - - 9.15 - -
 眼科は、ほとんどが手術のための入院となります。  DPC包括支払方式での入院において最も多い症例は、網膜剥離に対する治療です。主な手術として、眼外からの網膜復位術や硝子体手術を行います。年齢別では30代~80代となっており、平均して60.2歳となります。
 次いで多いは網膜前膜・黄斑円孔に対する手術です。網膜の表面に薄い膜が張る網膜前膜は、進行するにつれ、モノが歪んで見えて視力が低下する病気です。また、黄斑円孔は、網膜の中心の黄斑という部分に小さな穴が開いてしまう病気です。いずれの場合も眼内に手術器具を挿入する硝子体手術で治療します。  これらの疾患は、放置することで失明に至ったり、視力低下が固定してしまったりする危険性がある重篤な疾患であるため、手術による治療を必要とします。  なお、当院の眼科の入院で最も症例数が多いのは白内障ですが、DPC包括支払方式ではないため本集計表には含まれていません。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 79 5.65 5.50 0 40.61
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 71 6.97 7.28 1.41 37.18
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 53 8.32 7.47 0 56.06
030428xxxxxxxx 突発性難聴 46 7.96 9.37 0 58.24
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 45 11.31 8.12 0 27.91
 耳鼻咽喉科の症例で最も多いのは、急性扁桃炎に対する治療であり、79件となります。急性扁桃炎の主な治療方法は抗生剤の投与となり、平均在院日数は5.6日となります。
 2番目に多い疾患は、扁桃周囲膿瘍に対する治療です。膿瘍部分を局所麻酔下で切開し、排膿を行います。扁桃周囲膿瘍切開の手術を実施した件数は71件となります。また、当院の平均在院日数は6.9日となります。
 3番目は副鼻腔炎に対する治療です。抗生物質や炎症を抑える薬を投与する保存的治療法と、場合によっては手術を行う場合もあります。
 当院の耳鼻咽喉科では多様な疾患を扱っており、適応があれば手術治療も実施しています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 38 8.50 8.96 0 69.05
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍 皮膚悪性腫瘍切除術等 処置2なし 30 4.97 8.78 0 72.07
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 29 11.41 11.97 3.45 69.10
180060xx97xxxx その他の新生物 その他の手術 17 2.41 6.76 0 62.94
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 処置1なし 15 2.40 4.28 0 55.13
 皮膚科の疾患で最も多いのは、帯状疱疹で症例数は38件となっています。帯状疱疹の主な治療は、抗ウイルス剤の全身投与で、発症後できるだけ早期に開始することが重要です。頭部発症例や疼痛が強い場合、高齢者や合併症のある方など重症な場合は、入院の上1週間の抗ウイルス剤の点滴をお勧めしています。平均在院日数は8.5日となっています。  2番目に多いのは、皮膚の悪性腫瘍(皮膚がん)の切除術です。症例数は30件、在院日数は麻酔方法、腫瘍の大きさ、再建術(皮弁形成や植皮)の有無により様々ですが、平均4.97日となっています。  3番目は急性膿皮症で、下肢の蜂窩織炎が最も多くを占め、症例数は29件です。抗生剤の点滴が主たる治療で、平均在院日数は11.41日です。膿瘍や潰瘍を伴う場合は長期化することがあり、また当院では合併症を有する高齢者の患者さんが多く、入院期間がやや長い傾向にあります。
 4、5番目は概ね皮膚の良性腫瘍の切除術ですが、術前診断が困難な場合は、4番目のその他の新生物として分類されます。脂肪腫や粉瘤、色素性母斑などが含まれ、大型のもの、頭部や足底発症例など出血のリスクが高い場合、術後の安静を要する場合には短期入院手術を勧めています。
 現在、皮膚科常勤医は3名で、三多摩地域で多くの紹介患者さんを受け入れており、外来・入院・手術を含めた診療に当たっています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 処置1なし 副傷病なし 58 4.28 5.83 0 57.69
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2なし 32 6.28 7.44 0 76.06
110080xx99030x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:タキソテール等(3) 副傷病なし 12 18.33 15.07 0 78.67
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 処置2なし 11 12.18 12.52 0 68.36
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 11 8.36 9.98 0 71.09
 泌尿器科で最も多い症例は尿管結石に対する手術で、58件です。平成27年度は39件だったため、約1.5倍になりました。また、平均在院日数も、平成27年度は8.4日でしたが、平成28年度は4.2日と半分ほどに短縮しています。
 2番目に多い症例は膀胱がんに対する手術です。症例数は32件であり、平均在院日数は6.3日となっています。3番目に多い症例は前立腺がんに対する化学療法です。腎臓の腫瘍や、水腎症などの治療も多く行っています。
 尿路結石、膀胱がんに対する手術や、5番目の前立腺肥大に対する手術など、当院では尿道から内視鏡を入れて行う経尿道的手術を多く行っています。
 近隣地域シェアについても大きな割合を占めており、多くの患者さんの治療を行っております。泌尿器科の医師は現在3名おり、膀胱や腎・尿路腫瘍、前立腺疾患や尿管結石など幅広い疾患に対応した治療を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 24 - 11 16 - 15 1 7,6
大腸癌 22 33 15 15 - 30 1 7,6
乳癌 14 29 - - - 25 1 7
肺癌 27 - 26 57 11 84 1 7
肝癌 - - - - - 22 1 7,6
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 当院では、5大がんと言われる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝臓がんに対し、それぞれ専門の医師が治療に当たります。また、各診療科が連携して治療にあたり、転移や合併症にも対応できる環境が整っております。
■胃がん
  胃がんはステージごとの割合ではⅠ期の割合が高くなっています。早期がんでは内視鏡手術や腹腔鏡手術といった患者さんに負担の少ない治療を行っております。またⅢ期、Ⅳ期の症例にも対応しており、患者さんと十分に治療法の選択についてお話をしたうえで、手術や化学療法などの治療を行っております。
■大腸がん
  大腸がんは、早期がんから進行がんまで幅広く対応しています。治療は腹腔鏡手術を積極的に取り入れております。腹腔鏡手術の適応とならないような局所進行がんには開腹手術を行います。ステージに応じて補助化学療法、全身化学療法を行います。
■乳がん
  乳がんは、積極的な検診や健診が普及していることもあり、早期がん(0期+Ⅰ期)の割合が増えています。治療は手術や化学療法など幅広く対応しています。
■肺がん 
 肺がんは、呼吸器内科、呼吸器外科、放射線診療・治療科の緊密な連携のもとに、早期から進行がんまで幅広く対応しています。
  原則として、0~ⅡおよびⅢ期の一部は手術療法、それ以外の場合は薬物療法と放射線治療が主体となりますが、患者さんの年齢や身体状況、ご希望に応じて臨機応変に対応します。肺がんは再発しやすいため再発患者も多くなっていますが、近年の肺がん治療の進歩は目覚ましく、適切な治療を適用することで良好な生活を維持しながら治療を続けている患者さんも数多くいらっしゃいます。
ステージが不明となっている症例もありますが、これは大半が入院中に検査結果が出なかった症例になります。  
■肝臓がん
  肝臓がんは早期がんから進行がんまで幅広く診療に対応しています。消化器内科、消化器外科、放射線科が連携し、手術、ラジオ波焼灼治療、カテーテル化学塞栓療法、放射線治療、分子標的治療など、がんの進行度に応じて、個々の患者さんに最適な治療を行っています。併存していることが多い肝疾患の治療を受ける環境も整っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 29 9.55 46.69
中等症 90 18.64 79.73
重症 15 20.27 85.53
超重症 - - -
不明 - - -
症例数では中等症が最も多く、全体の6割以上を占めています。
軽症例の平均在院日数が最も短く、平均年齢も低くなっています。軽症では20代の若い患者さんも多く、比較的短い入院期間で退院しています。
最も平均在院日数が長いのは重症ですが、年齢や合併症等により入院期間にばらつきがあり、実際にはその4割は20日以内に退院しています。
また、超重症や重症の肺炎にも対応しており、合併症を含めた集学的な治療を行っています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 63 23.02 75.25 23.75
その他 17 37.18 75.76 10.00
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
当院では脳梗塞は基本的に神経内科に入院となります。そのほとんどが発症から3日以内に来院されており、全体の約8割となっています。
 急性期脳梗塞の患者さんの平均年齢は約75歳であり、後期高齢者の方がほとんどです。リハビリテーションを含めた治療を行います。また、継続してリハビリテーションを行うためにリハビリテーションを専門とする病院へ転院することもあります。
 発症から時間が経ってから来院される患者さんの場合、早期の治療が行えないため、発症から3日以内に来院した患者さんに比べ治療に時間がかかることから平均在院日数は長くなります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 106 2.18 4.54 0.94 66.4
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 33 2.82 4.39 0 71.27
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 等 25 4.72 27.92 4.00 75.80
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 13 4.92 21.15 15.38 80.85
K654 内視鏡的消化管止血術 13 7.54 57.38 0 73.69
 内科の手術で最も多い症例は、内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除です。大腸ポリープや大腸腺腫に対して行う内視鏡手術で症例数は106件です。在院日数は短く、手術目的の入院であれば4日~5日で退院が可能です。昨年度より28件増加しています。
 2番目に多い手術は経皮的冠動脈ステント留置術です。狭心症などに行う手術で症例数は33件です。主に狭心症などの疾患に対して行われます。心臓カテーテルを用いて治療するもので、血管形成後や血管拡張後の再閉塞や再狭窄予防目的にステントと呼ばれる金属の筒を血管内に留置するものです。予定入院の場合、平均的な入院期間は4日間となります。カテーテル検査実施時に手術を行うケースも多いです。
 3番目に多い手術は内視鏡的乳頭切開術です。内視鏡下に十二指腸乳頭を切開する手術です。総胆管結石の除去などを目的に行います。昨年度より16件増加しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 77 1.68 4.05 0 68.18
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 70 2.26 4.99 0 61.13
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 42 0 1.02 0 68.64
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 35 8.17 15.40 2.86 67.09
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 32 5.44 13.56 0 73.72
 外科で最も多い手術は鼠径ヘルニア手術です。合併症のある患者さんは入院日数が長くなることもありますが、基本的には2泊3日の入院の患者さんが多く、比較的短期間での退院が可能となっています。当院では現在、腹腔鏡手術を積極的に行っており、術後の早期社会復帰も考慮した治療を行っております。
 2番目に多い手術は、腹腔鏡下胆嚢摘出術です。胆嚢結石症等に対して行われる手術で、腹腔鏡手術を積極的に行っている当院では、昨年度の44件から、70件と大幅に件数が増えました。腹腔鏡手術は、お腹に小さな穴を複数ヶ所開け、そこから鉗子を挿入して胆嚢を摘出します。開腹手術に比べて傷痕も小さく、見た目が良いだけでなく術後の疼痛も少ないという特徴があります。また2016年度からはお臍の傷一つで手術を行う、単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術もおこなっており、術後の回復も早く、患者さんの負担も少なくなっています。入院期間は1週間程度と、診療内容が標準化されており、安全で質の高い医療を提供しております。
 3番目に多い手術は、下肢静脈瘤に対する下肢静脈瘤血管内焼灼術です。静脈内に光ファイバーを挿入し、レーザー照射を行い静脈を焼灼します。当院では、血管・リンパ管の治療を行う脈管専門医が担当します。
 4番目に多い手術は胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える)です。平成9年より胸腔鏡を利用した身体的負担を軽減した手術を導入しており、安定した成績をあげています。診療内容は安心・安全・確実な医療を重視して院内標準化されています。
 5番目は腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術です。大腸がんに対する手術であり、こちらも腹腔鏡での手術となっています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 21 0.00 13.67 4.76 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) - - - - -
 小児科で行われる新生児仮死蘇生術は、早産や低出生時として出生した児に対して、救命・また神経障害を最小限にとどめるために、気道吸引や人工呼吸器による酸素投与などを行い、蘇生措置を施す手技のことです。当院産婦人科では比較的リスクの高い患者さんも受け入れており、小児科のNICU(新生児集中治療室)では早産児、低出生体重児や一過性多呼吸などの新生児に対して産婦人科と連携を取りながら迅速な処置・対応を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股) 等 72 2.18 24.85 15.28 71.56
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 68 6.54 23.54 32.35 75.82
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 等 42 0.48 2.33 2.38 56.02
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 42 1.81 5.68 0 56.95
K0463 骨折観血的手術(手(舟状骨を除く)) 等 38 1.92 5.95 2.63 50.03
 整形外科で最も多い手術は人工関節置換術で、症例数は72件となっています。平均の入院日数は27日となっていますが、患者さんの状態等により入院期間は異なります。主に変形性股関節症に対して行われる手術です。  2番目に多い手術は、大腿に対しての骨折観血的手術です。症例数は68件、平均入院日数は30日となっていますが、骨折の重症度や経過、患者さんの合併症の有無などで入院日数は異なります。骨折の手術では最も一般的な術式で、患部を開きスクリューやプレートなどで固定し骨折部を安定して保持することを目的に行われるものです。
手術の多くは大腿骨頚部(大腿骨と股関節をつなぐ部分)の骨折に対して行われているものです。
 3番目に多い手術は、軟部腫瘍摘出術で42件です。良性の腫瘍で皮下より深い所(軟部組織内)に位置する腫瘍の切除術です。状態によって日帰りで行われる手術でもあり、平均入院期間も2.8日と短くなっています。
 また同率で、前腕部等に対しての骨折観血的手術も3位となっています。2位の大腿部同様にスクリュー・プレートを用いて治療を行います。  術後は理学療法士が中心となり、患者さんそれぞれの立場を考えたリハビリを行い、早期回復をサポートしております。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 等 - - - - -
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
K427 頬骨骨折観血的整復術 - - - - -
K0081 腋臭症手術(皮弁法) - - - - -
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) - - - - -
 形成外科で行っている最も多い手術は、皮膚皮下軟部腫瘍の摘出です。頚部や背部などの軟部腫瘍に対して行われています。
また、眼瞼下垂の手術や顔面外傷、腋臭症、乳房の再建手術など幅広い疾患に対応しており、整容的・機能的回復をサポートしております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 10 0..0 16.30 10.00 82.70
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
K160-2 頭蓋内微小血管減圧術 - - - - -
K145 穿頭脳室ドレナージ術 - - - - -
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -
 脳神経外科の手術で最も多いのは、転倒するなどして頭をぶつけてしまった頭部外傷に対し、頭蓋内の血腫を除去する手術を行った症例です。慢性硬膜下血腫では、外傷後数週間から数ヶ月後に硬膜下にできた血腫によって、脳が圧迫されて、頭痛や運動障害、認知障害がおこります。この血腫を除去するために行う手術が慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術です。
 手術の必要がある患者さんは入院してすぐ手術を行うことが多いため、平均術前日数は短いですが、術後は2週間ほどの入院が必要になります。高齢の患者さんに多い病気のため、平均年齢も高めになっています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 94 1.38 8.07 1.06 50.56
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 90 7.38 7.97 0 34.31
K867 子宮頸部(腟部)切除術 69 1.00 1.00 0 40.36
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 58 3.19 8.17 0 33.86
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 56 1.09 5.02 0 39.70
 産婦人科で最も多く行っている手術は、子宮全摘術です。そのほとんどが子宮筋腫に対する手術です。手術は基本的に前日に入院し、術後は一週間ほどで退院となります。子宮全摘術は開腹だけではなく、腹腔鏡による手術も行っています。
 2位は、帝王切開術(選択帝王切開)です。これは、過去に帝王切開術や、子宮筋腫などの手術を行ったことがある場合など、医師が帝王切開の必要があると判断し、予定された手術を行っているものです。
 3位は、子宮頸部(腟部)切除術です。子宮膣部ないしは頸部を切除する手術で、子宮頸部異形成などの疾患が適応となります。
 4位の緊急帝王切開は、予期できない理由で緊急に帝王切開術を行なった症例であり、当院では患者さんが安心してお産ができるように、いつでも緊急帝王切開に対応できる体制を整えていることから、症例数が多くなっています。
 5位は子宮附属器腫瘍摘出術(腹腔鏡)です。卵巣や卵管の良性腫瘍に対し、腹腔鏡下で腫瘍摘出を行う手術です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 355 1.84 4.74 0 76.11
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 37 2.19 4.65 0 62.70
K275 網膜復位術 11 1.64 2.45 0 59.64
K2683 緑内障手術(濾過手術) - - - - -
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) - - - - -
 当院では白内障に対する水晶体再建術を多く行っており、症例数(入院の人数)は355件です。入院期間は基本的に片眼で4日、両眼で11日(一時外泊あり)ほどであり病気の特性上、高齢の方が多くなっています。  2位の硝子体茎顕微鏡下離断手術は、主に糖尿病性網膜症や、黄斑円孔などに対する手術です。  3位の網膜復位術は主に網膜剥離に対して眼外から行う手術です。網膜剥離の好発年齢は若年層(10~20歳代)と中年層(40~60歳代)でピークがあるため、平均年齢は若干低くなっています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 70 0.21 5.81 1.43 37.31
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 35 1.29 9.71 0 32.34
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 34 1.76 6.50 0 57.15
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 18 1.89 1.00 0 6.00
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡) 15 1.73 3.40 0 56.20
耳鼻科で最も多く行っている手術は扁桃周囲膿瘍切開術です。扁桃周囲膿瘍は、扁桃炎から感染・炎症を起こし、扁桃周囲に膿瘍を形成した状態を指します。局所麻酔下に切開を加え、排膿を行った後、入院加療を行っています。術前の日数が短いのは来院後すぐに処置を行い、そのまま入院となる事が多いためです。  2位は口蓋扁桃摘出手術です。扁桃炎を繰り返す習慣性扁桃炎に対して行う手術です。  3位の内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型は、内視鏡を使用した慢性副鼻腔炎に対する手術です。手術を行う範囲によって1~4型まで分かれており、3型単独では34件となっています。3型の手術は中等度の副鼻腔炎に対するものであり、複数の副鼻腔を処理する必要があります。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 37 0.51 3.59 0 69.46
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 12 0 1.58 0 58.67
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 10 0 1.10 0 61.60
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 等 - - - - -
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) - - - - -
 最も多い皮膚悪性腫瘍切除術の対象は、基底細胞癌や有棘細胞癌、悪性黒色腫などが挙げられます。局所麻酔下に切除縫縮することが多いですが、大型のものでは全身麻酔下に植皮術や皮弁形成術と併せて行うこともあります。皮膚悪性腫瘍は高齢の方に多いため、平均年齢は69.46歳と高い傾向にあります。
 皮膚、皮下腫瘍摘出術は良性腫瘍に対して行う手術であり、大きさや部位(露出部か否か)によってKコードが細分化されていますが、術式は同じものとなります。ほとんどは局所麻酔で対応が可能で、入院当日に手術を行い、1~2泊で退院、約1週間後に外来で抜糸となることが多いです。
 四肢・躯幹 軟部腫瘍摘出術の対象は筋層内脂肪腫や骨腫が対象となり、筋層内の場合は全身麻酔下に行います。
 なお表には示されていませんが、 軟部悪性腫瘍の切除術や、糖尿病性壊疽、壊死性筋膜炎に対する切開、デブリードマン、植皮術も近年増加傾向にあります。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 55 1.00 2.27 0 57.67
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 32 1.13 4.16 0 76.06
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 25 0 0.12 0 49.72
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 19 1.42 14.00 10.53 61.32
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 12 2.42 14.33 0 69.92
 泌尿器科で最も多い手術は、経尿道的尿路結石除去術です。腎結石、尿管結石などに対する手術であり、この手術では尿道から内視鏡を挿入し、レーザーを用いて結石を小さく内視鏡を用いて破砕し体外へ摘出します。
 次いで多いのは、膀胱悪性腫瘍に対する経尿道的手術です。膀胱癌に対して行われる手術で、合併症の有無や病態によって異なりますが、平均で5日程度で退院される患者さんが多くなっています。膀胱にある癌を尿道から挿入した内視鏡で切除します。
 3番目に多い手術は、こちらも腎・尿管結石等に対する手術で、体外衝撃波腎・尿管結石破砕術です。これは、体の外から衝撃波をあてて、体に傷をつけることなく結石を粉々に砕き、尿管から膀胱に排出させ体の外に出す手術です。
 4番目に多い手術は、経尿道的尿管ステント留置術です。腫瘍による圧迫など、何らかの理由で尿管が細くなり、腎臓に尿が溜まってしまう場合に、経尿道的にステントと呼ばれる管を入れて、尿が排出できるようにします。これら4つの手術はいずれも身体を大きく切らないので患者さんの負担が少なく確実性も高い治療法となっています。
 5番目に多い手術は、腎悪性腫瘍手術であり、主に腎がんなどに行われる手術です。
 内視鏡を用いた手術から開腹による手術まで、それぞれに最適な方法を患者さんと一緒に考え、治療にあたっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 11 0.14
180010 敗血症 同一 29 0.37
異なる 33 0.42
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 43 0.55
異なる - -
 この指標は重症疾病である播種性血管内凝固(DIC)や敗血症等が、入院時から発生したものか、入院後に発生したものかを表したものです。
 がん疾患を合併症に持つ患者さんや入院時から非常に重篤な状態の患者さんが高い発生率となっています。多くの重症患者産に対応している当院では、件数0件にすることは難しいですが、医療の質の向上に引き続き取り組みたいと考えております。
 手術や処置の合併症は、透析シャントの閉塞や人工関節の脱臼、手術後の感染症などが該当します。術後、年月の経過と共に挿入物の合併症などが起こるケースがあります。当院では入院中に起こる合併症の数は少なく、ほとんどが入院時より合併症で入院される患者さんが占めています。
更新履歴
2017/09/26
「病院情報の公表」を更新