平成27年度 立川病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 772 171 323 573 596 686 1379 1754 1166 170
 地域医療支援病院として幅広い年齢層の患者さんに対応しています。年齢層別にみると、当院は多くの小児患者さんに対応していることから、9歳以下の症例数が多いのが特徴です。また、産婦人科にも力を入れており、30代の症例数が40~50代に近い割合を占めています。東京都地域周産期母子医療センターとして、周産期に関わる高度な医療を実践しているのも当院の特徴です。
 全体としては60歳以上の患者さんが多く、6割近くを占めています。がん疾患をはじめ多くの疾病に対応できる診療科を備えており、各診療科が連携して質の高い治療を心掛けています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 112 22.55 14.34 7.14 72.57
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 92 16.61 17.69 0 70.7
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 68 4.47 4.87 0 67.93
 内科で最も症例数が多いのは肺炎です。全国的にも非常に多い症例で当院でも多くの患者さんが入院しています。年齢別では70歳以上の患者さんの割合が7割以上を占めています。平均在院日数は22.6日です。当院は重症患者さんが多いことから、入院期間はやや長くなっています。
 2番目に多い症例は、非ホジキンリンパ腫に対するリツキサン治療です。当院は二次医療圏において血液疾患の専門医療機関としての役割を果たしており、最も多くの患者さんに対応しております。
 3番目に多い症例は狭心症に対するカテーテル治療です。循環器の内科専門医4名が対応しており、昨年より手術件数が22件増加し、大幅に件数を伸ばしています
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 169 5.53 7.93 1.78 1.43
100380xxxxxxxx 体液量減少症 151 4.9 9.18 1.32 3.49
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 74 9.46 11.59 0 0
 小児科では、気管支炎や、肺炎などの呼吸器疾患に対し、広く診療を行っています。また、小児は嘔吐や下痢などで脱水状態になりやすいため、脱水に対する治療も多く行っています。
 3位となっている「妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害 1500~2499g 手術なし 処置2なし」は,お産の際に未熟児で生まれた患者さんがNICUへ入院した件数です。当院は産婦人科でお産を多く行っていますが、NICUを有しているため比較的リスクの高い患者さんを受け入れることができます。お産の際には産婦人科医師と連携を取りながら診療にあたっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 66 21.95 13.03 1.52 68.18
050180xx97xx0x 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 定義副傷病 なし 54 2.07 3.46 0 64.67
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 処置1なし 処置2なし 35 20.43 17.41 0 69.77
 外科の最も多い症例は肺がんの手術治療で、件数は66件となります。胸腔鏡を用いた肺切除手術を行います。当院は精神神経科を有することから精神疾患を併存している方の治療依頼が他院より多いことと、ご高齢の患者さんなどに対しては入院環境への慣熟や手術リスク軽減のための呼吸器リハビリテーションを念入りに行っていること、安全な術後管理を重視していること、などのために在院日数が長めとなっていますが、通常の患者さんの在院日数は12~14日程度となっています。
 2番目に多い症例は、下肢動脈瘤に対する治療です。当院では、血管内レーザー焼灼術や硬化療法を用いた低侵襲な下肢静脈瘤治療を行っています。手術は1泊2日の入院で行うため、短期間での治療が可能となります。当院は血管・脈管リンパ管の治療を行う専門医がおり、多くの患者さんの治療を行っています。
 3番目に多い症例は、大腸がんに対して切除手術を行う症例です。開腹だけでなく、腹腔鏡による手術も多く実施しており、患者さんへの負担も少なく、短期間での退院も可能です。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 81 46.65 28.7 17.28 83.62
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 57 4.47 6.14 0 51.11
070085xx97xxxx 滑膜炎、腱鞘炎、軟骨などの炎症(上肢以外) 手術あり 39 12.28 14.41 0 56.13
 整形外科の症例で最も多いのは大腿骨近位端(股関節)の骨折手術です。症例数は81件で整形外科では最も多い症例となっています。平均在院日数は46.7日となっていますが、重症度や経過等で入院日数は異なります。医師による手術のほか、理学療法士によるリハビリ治療を行い、患者さんをサポートしています。
 2番目に多い症例は、上腕や大腿、背部など皮膚皮下の軟部腫瘍の手術であり、症例数は57件です。全患者の平均在院日数は4.5日となっています。
 現在、整形外科には6名の医師がおり、軟部腫瘍や上腕、脊椎・脊髄疾患、股・膝関節や足部など、幅広い専門分野で多くの患者さんの治療を行っています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし 12 2.08 3.54 0 73.83
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 12 6.67 6.14 0 47.75
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1 なし - - 5.12 - -
 形成外科で最も多い症例は、眼瞼下垂手術と背部や頚部、肩部の皮膚皮下軟部腫瘍の手術です。眼瞼下垂の症例数は12件、局所麻酔で、入院基本日数は2日となっており、短期間での退院が可能となっています。
 骨軟部腫瘍の手術は、平均在院日数は6.7日です。患者さんの状態や経過により在院日数は多少異なります。
 このほか、外科・皮膚科・整形外科など、他科と合同で行う再建外科や、顔面外傷、小児先天性疾患など幅広い疾患に対応した治療を行っており、整容的・機能的回復をサポートしております
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 20 15.3 10.02 0 77.8
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 18.58 7.52 8.33 70.83
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 19.32 - -
 脳神経外科の入院で多いのは、転倒するなどして頭をぶつけてしまった頭部外傷の入院です。
最も多いのは「頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術 処置2なし 副傷病なし」であり、これは頭蓋内の血腫を除去するなどの手術を行っているものです。
 2番目に多いのは、同じ頭蓋・頭蓋内損傷ですが、手術や、その他の処置を行わず、投薬治療やリハビリ等で保存的に治療を行ったものになります。いずれも平均在院日数は15~18日と長めであり、継続リハビリのために転院することもあり、次期病院や施設を探すのにソーシャルワーカーが介入しても時間を要することが多くなっています。また、高齢者に多い疾患のため、平均年齢も高めになっています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 88 10.34 10.18 0 44.53
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 62 5.44 5.33 0 55.29
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 62 9.98 9.63 0 34.58
 産婦人科では、主に子宮や子宮付属器の腫瘍に対する治療や、お産を行っています。産婦人科を総合して最も多いのが、子宮筋腫の手術目的での入院です。良性腫瘍では腹腔鏡手術も多く行っており、子宮良性腫瘍ではおよそ20%、付属器の良性腫瘍では50%以上を腹腔鏡で行っています。
 2番目に多いのが、子宮頸・体部の悪性腫瘍に対する化学療法です。子宮や子宮付属器の良性・悪性腫瘍に対する治療は北多摩西部二次医療圏内で最も多く行っており、50%以上のシェアを占めております(2014年度実績)。 
 「分娩の異常 子宮破裂手術等」も2番目に多い症例となっています。これは何らかの理由でお産が途中で止まってしまった患者さんや、開腹歴のある患者さんに対する帝王切開術です。平均年齢は34歳以上と、幅広い年齢の患者さんを多く受け入れていますが、当院にはNICUも併設されており、小児科医と連携を取りながら診療にあたっています。
 また、保険診療にあたるDPCの順位であるため、上記リストにはありませんが、自費診療となる自然分娩も多く受け入れており地域の中核病院としての役割を担っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 22 7.27 11.08 0 58.73
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 11 7.91 9.57 0 69.55
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2 なし 片眼 - - 8.62 - -
 眼科の入院は、ほとんどが手術のための入院となります。
 DPC包括支払方式での入院において最も多い症例は、網膜剥離に対する治療です。主な手術として、網膜復位術や硝子体手術を行います。年齢別では30代~80代となっており、平均して58.7歳となります。
 続いて多い症例は、緑内障に対する治療です。当院では主に、緑内障に対する濾過手術を行います。年代別では50代~80代となっており、網膜剥離と比較するとやや高い平均年齢として69.5歳となります。
 これらの疾患は、放置することで失明の危険性がある重篤な疾患であるため、手術による治療を必要とします。
 なお、当院の眼科入院で最も症例数が多いのは白内障ですが、DPC包括支払方式ではないため本集計表には含まれていません。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 52 6.73 7.27 0 41.56
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 40 5.58 5.53 0 37.73
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 30 8.87 7.94 0 55.77
 耳鼻咽喉科の症例で最も多いのは、扁桃周囲膿瘍に対する治療です。そのうち、扁桃周囲膿瘍切開の手術を実施した件数が52件となります。また、当院の平均在院日数は6.7日となります。
 2番目に多い疾患は急性扁桃炎に対する治療であり、40件となります。急性扁桃炎の主な治療方法は、抗生剤の投与となります。 
 当院の耳鼻咽喉科では多様な疾患を扱っており、適応があれば手術治療も実施しています。耳鼻咽喉科の担当医師は4名おり、北多摩西部の医療圏で最も多くのシェアを占めています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 46 8.09 8.97 0 68.09
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 22 11.32 11.97 0 64.64
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 13 2.69 4.38 0 53.15
 皮膚科の疾患で最も多いのは、帯状疱疹です。症例数は46件で、当院の皮膚科入院患者の約1/4を占めています。帯状疱疹に対しては、抗ウイルス剤の投与が主な治療方法となります。
 2番目に多い疾患は、蜂窩織炎です。主な治療方法は、抗生剤の投与となります。また、幅広い年齢の方が罹患する疾患であり、当院の平均年齢は64.6歳となります。
 3番目に多い疾患は、皮膚良性腫瘍で、腫瘍摘出手術を行います。平均在院日数は2.7日であり、短い日数で退院することができます。
 現在、皮膚科医は3名が担当しており、入院・手術を含め多くの患者さんの治療を行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 58 7.45 7.59 0 71.48
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 39 8.36 5.91 0 59.1
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 定義副傷病 なし 23 4.61 5.49 0 54.26
 泌尿器科で最も多い症例は、膀胱癌に対する手術です。症例数は58件であり、平均在院日数は7.4日となっています。(4日~6日の患者さんが多くなっています。)
 2番目に多い症例は、尿管結石に対する手術で症例数は39件、平均在院日数は8.4日となっていますが、経過等で入院日数は異なります。(4日~5日の患者さんが多くなっています。)
 近隣地域シェアについても大きな割合を占めており、多くの患者さんの治療を行っております。泌尿器科の医師は現在3名おり、膀胱や腎・尿路腫瘍、前立腺疾患や尿管結石など幅広い疾患に対応した治療を行っております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 26 - - 14 - 23 1 7,6
大腸癌 15 19 22 13 - 25 1 7
乳癌 13 39 - - - 17 1 7
肺癌 40 - 38 40 - 96 1 7,6
肝癌 11 - - - - 32 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 当院では、5大がんと言われる胃がん、肝臓がん、大腸がん、乳がん、肺がんに対し、それぞれ専門の医師が治療にあたります。また、各診療科が連携して治療にあたり、転移や合併症にも対応できる環境が整っております。

■胃がん
 胃がんはⅠ期の割合が高くなっています。早期がんでは内視鏡手術や腹腔鏡手術といった患者さんに負担の少ない治療を行っております。また、Ⅳ期の患者さんに対しても、十分に治療法の選択についてお話しをした上で、手術や化学療法などの治療を行っております。
■大腸がん
 大腸がんは、早期がんから進行がんまで多くの症例に対応しています。治療は腹腔鏡手術を積極的に取り入れていますが、腹腔鏡手術の適応とならないような局所進行がんには開腹手術を行います。また、ステージに応じて補助化学療法、全身化学療法を行います。
■乳がん
 乳がんは、積極的に検診や健診をすることで早期がん(0期+Ⅰ期)の割合が増えてきました。基本的にガイドラインに沿った適切な治療をするように心掛けています。
■肺がん
 呼吸器内科、呼吸器外科、放射線診断・治療科の緊密な連携のもとに、早期から進行再発期の幅広い患者さんが治療を受けています。原則として、0~Ⅱ期およびⅢ期の一部は手術療法、それ以外の場合は薬物療法と放射線治療が主体となりますが、患者さんの年齢や身体状況、ご希望に応じて臨機応変に対応します。肺がんは再発しやすいため再発患者数も多くなっていますが、近年の肺がん治療の進歩は目覚ましく、適切な治療を適用することで再発の患者さんでも良好な生活を維持しながら治療を続けていけている方が数多くいらっしゃいます。
 ステージが不明となっている症例もありますが、これは入院中に検査結果がでなかった症例になります。
■肝臓がん
 肝臓がんは、早期がんから進行がんまで幅広く診療に対応しています。消化器内科、消化器外科、放射線科が連携し、手術、ラジオ波焼灼治療、カテーテル化学塞栓療法、放射線治療、分子標的治療など、がんの進行度と肝予備能に応じて、個々の患者さんに最適な治療を行っています。併存していることが多い肝疾患の治療を受ける環境も整っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 18 13.72 50.11
重症度 1 45 22.13 76.49
重症度 2 27 22.26 80.33
重症度 3 14 23.71 83.57
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
 症例数では重症度1が最も多く、全体の4割以上を占めています。
 在院日数重症度0が最も短く、平均年齢も低くなっています。20代の若い患者さんも多く、比較的短い入院期間で退院しています。
 逆に最も平均在院日数が長いのは重症等3ですが、年齢や合併症等により入院期間にばらつきがあり、実際には6割以上は20日以内に退院しています。
 また、重症肺炎に対しても対応しており、合併症を含め集学的な治療を行っています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 53 35.6 75.09 18.31
その他 18 42.28 74.06 11.27
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
 当院では脳梗塞は基本的に神経内科に入院となります。特にI63$に分類される患者さんが多く、そのほとんどが発症から3日以内に来院されており、急性期脳梗塞が全体の6割以上となっています。
 急性期脳梗塞の患者さんの平均年齢は75歳以上であり、後期高齢者の方がほとんどです。平均して1ヶ月以上の入院期間でリハビリテーションを含めた治療を行い、4分の1ほどが継続したリハビリテーションのために、リハビリテーションを専門とする病院へ転院されます。
 発症から時間がたってから来院される患者さんの場合、超急性期治療が行えないため、平均在院日数は40日以上と発症から3日以内の来院患者さんと比べて治療に時間がかかることが読み取れます。また、継続リハビリテーションが必要となることも多く、半分ほどの患者さんがリハビリテーション専門の病院へと転院されます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 78 2.08 3.5 0 66.83
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 53 2.17 3.04 0 67.64
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 18 2.22 3.28 0 74.33
 内科で最も多い手術症例は、大腸ポリープの切除術です。大腸にできたポリープを内視鏡を用いて切除するもので、先端部から出したワイヤーでポリープの根元部分を引っ掛け、ワイヤーで締め電気で焼き切る手術です。症例数は78件となっています。患者さんの合併症の有無などで入院期間は多少前後しますが、一般的な症例の場合多くは3~4日で退院となります。
 2番目に多い手術症例は、冠動脈へのステント留置術です。主に狭心症などの疾患に対して行われます。心臓カテーテルを用いて治療するもので、血管形成後や血管拡張後の再閉塞や再狭窄予防目的にステントと呼ばれる金属の筒を血管内に留置するものです。手術症例数は53件であり、入院期間は4日間の患者さんが最も多くなっております。
 3番目に多い手術症例は、血管拡張・血栓除去術です。主に四肢動脈の閉塞や狭窄の治療が対象で、大腿から風船のついたカテーテルを挿入し、閉塞や狭窄している部分で風船を膨らませ、拡張させる術式です。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 13 0 21.31 15.38 0
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) - - - - -
- - - - - - -
 小児科で行う新生児仮死蘇生術は、早産や未熟児などで生まれるなどして、仮死状態にある新生児に対して、気道吸引や人工呼吸器による酸素投与などを行い、蘇生措置を施す手技のことです。当院産婦人科では比較的リスクの高い患者さんも受け入れており、小児科のNICUでは未熟児や、一過性多呼吸などの新生児に対して産婦人科と連携を取りながら迅速な処置を行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 95 1.31 3.54 0 65.48
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 54 0 1.07 0 64.67
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 47 6.04 15.04 2.13 67.4
 外科の手術で最も多いのは、鼠径ヘルニア手術です。合併症を持っている患者さんなど入院日数が長くなる症例もありますが、基本的には2泊3日入院の患者さんが多く、比較的短期間での退院が可能となっています。2016年度からは鼠径ヘルニアの手術を、患者さんの負担が少ない腹腔鏡を用いた手術も行っており、術後の早期社会復帰も考慮した治療を行っております。
 2番目に多い手術は、下肢静脈瘤に対する下肢静脈瘤血管内焼灼術です。静脈内に光ファイバーを挿入し、レーザー照射を行い静脈を焼灼します。当院では、血管・リンパ管の治療を行う脈管専門医が担当します。
 3番目に多い手術は胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える)です。平成9年より胸腔鏡を利用した身体的負担を軽減した手術を導入しており、安定した成績をあげています。診療内容は安心・安全・確実な医療を重視して院内標準化されています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 74 5.23 28.85 14.86 80.76
K0821 人工関節置換術(股) 等 54 2 25.15 1.85 70.67
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 48 1.46 4.48 2.08 51.23
 整形外科で最も多い手術は大腿の骨折観血的手術で、症例数は74件となっています。骨折の重症度や経過、患者さんの合併症の有無などで入院日数は異なります。手術の多くは大腿骨頚部(大腿骨と股関節をつなぐ部分)の骨折に対して行われているものです。
 2番目に多い手術症例は、股関節の人工関節置換術です。症例数は54件です。平均の入院日数は27.1日となっていますが、こちらも患者さんの状態等により入院期間は異なります。主に変形性股関節症に対して行われます。
術後も理学療法士が中心となり、患者さんの立場を考えたリハビリを行い、早期回復をサポートしております。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 等 11 1.91 3.91 0 51.18
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 10 0 1 0 73.1
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -
 形成外科で行っている最も多い手術は、皮膚皮下軟部腫瘍の摘出です。症例数は11件であり、主に脂肪腫に対して行われています。また、近隣地域でも大きなシェアを占めており、多くの患者さんの治療を行っています。局所麻酔、全身麻酔、、両方のパターンがあります。
 2番目に多い手術は、眼瞼下垂症手術で、症例数は10件です。基本的には入院当日に手術を行い、翌日退院、外来で抜糸というパターンで、短期での手術、退院が可能となっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 17 1.29 14.53 0 77
K160-2 頭蓋内微小血管減圧術 - - - - -
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
 脳神経外科で最も多い手術は、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術です。慢性硬膜下血腫では、頭部外傷等が原因で数週間から数か月後に硬膜下にできた血腫によって、脳が圧迫されて、頭痛や運動障害、認知障害がおこります。慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術は、この血腫を除去するために行います。
 手術の必要がある患者さんは入院してすぐに手術を行うことが多いため、平均術前日数は短めですが、状態により、術後は2週間前後の入院が必要になります。高齢の患者さんに多い病気のため、平均年齢も高めになっています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 91 4.76 7.86 0 34.15
K877 子宮全摘術 87 1.3 8.25 0 49.99
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 63 8.02 7.94 0 32.92
 産婦人科で最も多く行っている手術は、選択的帝王切開術です。これは、過去に帝王切開術や、子宮筋腫などの手術を行ったことがある場合など、医師が帝王切開の必要があると判断し、予定手術を行っているものです。
 2位の子宮全摘術は、ほとんどが子宮筋腫に対する手術です。手術は基本的に前日に入院し、術後は一週間ほどで退院となります。子宮全摘術は開腹だけではなく、腹腔鏡による手術もおこなっており、卵巣などの子宮付属器に対する手術では、半数以上が腹腔鏡によるものとなっています。
 3位の緊急帝王切開は、予期できない理由で緊急に帝王切開術を行うこととなった件数であり、当院では患者さんが安心してお産ができるように、いつでも緊急帝王切開に対応できる体制を整えていることから、症例数が多くなっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 374 2.12 4.2 0 74.37
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 35 2.17 4.6 0 65.46
K275 網膜復位術 11 1.55 3.18 0 57.82
 当院では白内障に対する水晶体再建術を多く行っています。入院期間は基本的に片眼で3日、両眼で10日ほどであり、病気の特性から高齢の方が多くなっています。
 2位の硝子体顕微鏡下手術は、主に糖尿病性網膜症や、黄斑円孔などに対する手術で、顕微鏡下に行います。
 3位の網膜復位術は主に網膜剥離に対して行う手術であるため、若干平均年齢が低くなっています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 52 0.37 5.37 0 41.56
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 32 2.56 7.03 0 28.25
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 18 1.78 6.33 0 55.50
 耳鼻科で最も多く行っている手術は扁桃周囲膿瘍切開術です。扁桃周囲膿瘍は、窒息を起こすことがあるため切開排膿を行ったのち基本的に入院加療を行っています。緊急入院が多いため術前の日数は短くなっています。
 2位は口蓋扁桃摘出手術です。扁桃炎を繰り返す習慣性扁桃炎に対して行う手術です。
 3位の内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型は、内視鏡を使用した慢性副鼻腔炎に対する手術です。手術を行う範囲によって1~4型まで分かれているため、3型単独では18件となっていますが、全ての慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻・副鼻腔手術を合計すると、41件になります。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 24 1.29 4.71 0 72.33
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 13 0 1.62 0 56.31
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上) - - - - -
 皮膚科の手術で最も多いのは、皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)です。局所麻酔下に切除することが多いですが、全身麻酔下に植皮術や皮弁形成術と併せて行うこともあります。皮膚悪性腫瘍は高齢の方に多いため、平均年齢は72.3歳と高くなります。
 次に多いのが、良性の皮膚、皮下腫瘍摘出術となります。局所麻酔で行う場合は、入院当日に手術を行い、1~2泊で退院となることが多いです。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 61 2.16 4.93 0 72.05
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 39 2.15 5.21 0 59.1
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 19 1.84 3.68 0 60.95
 泌尿器科で最も多い手術症例は、膀胱悪性腫瘍で、症例数は61件です。膀胱癌に対して行われる手術で、合併症の有無や病態によって異なりますが、平均で5日程度で退院される患者さんが多くなっています。膀胱にある癌を尿道から挿入した内視鏡で切除します。内視鏡手術は、開腹手術に比べ身体への負担が少ないことが特徴となっています。
 2番目に多い手術は、尿管・尿道結石に対する手術です。尿道から内視鏡を挿入し、レーザーを用いて結石を小さく破砕し体外へ摘出するという術式です。膀胱悪性腫瘍手術と同様、身体を大きく切らないので患者さんの負担が少なく確実性も高い治療法となっています。入院期間は患者さんの状態や病態、経過等により異なりますが、おおよそ4日間で退院する患者さんが多くなっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 41 0.54
異なる 31 0.41
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 44 0.58
異なる - -
 この指標は重症疾病である播種性血管内凝固や敗血症などが入院時から発生していたものか、入院後に発生したものかを表したものです。癌などの合併症を持つ重症患者さんが比較的高い発生率となっています。多くの重症患者さんに対応している当院では、件数0にすることは難しいですが、医療の質の向上に引き続き取り組みたいと考えています。
 手術や処置の合併症は、人工関節の脱臼や手術後の感染症などが該当します。術後、年月の経過とともに挿入物の合併症などが起こるケースがあります。当院では、入院中に起こる合併症の数は少なく、ほとんどを入院時より合併症で入院される患者さんが占めています。
更新履歴
2016.09.27
平成27年度データ